あれこれdiary

海自OBによる偏見御免徒然あれこれdiary

三宅由佳莉さんと「海色」

f:id:RetCapt1501:20180923001505j:plain

 ひと月ほど前に、下の記事を書きました。昨年(2017年)4月のニコ超音楽祭で、三宅由佳莉さんが歌われた、艦これ主題歌「海色」について書いたものです。

retcapt1501.hatenablog.com

 それまでも、三宅由佳莉さんは、本当に様々な曲にチャレンジされて来ましたが、この歌はとても難しい曲だと思います。それをライブで歌い切ったのはさすがだと思いました。

www.youtube.com

 オリジナルを歌うAKIANOさんの動画も上の記事では紹介して、この曲が難しいのは、速いテンポに詰め込まれた歌詞の音数の多さに起因すると書きました。

 ロックテイストな曲がよく似合う歌だとは思います。

www.youtube.com

 ところが、昨日、私の記事へのコメントの中で「toikimi」さんから次のようなメッセージをいただきました。

かぴたんさん こんばんは
三宅さんが、ニコ超会議で歌われた「海色」のバラードバージョンが、YouTubeにあるんです。
公式なものではないみたいなのですが、歌詞も出ていて、とても素敵です。
三宅さんの歌で聞いてみたいです。
艦これOP「海色」バラードアレンジ
https://www.youtube.com/watch?v=vqY7eRk1hjk

 その動画がこれです 

www.youtube.com

 いやー、素敵な仕上がりですね。

 この曲の歌詞を、しっかりと見ながら、このバラードを聴くと、この曲のモチーフが鮮やかに浮かび上がって来る気がします。この世から絶対に無くならない二つの対極、戦いと愛を不可分のものとして、糾い、織り上げ、一つの希望として結実させていく。

イメージとしては、困難な現実を克服し、更なる高みへと脱皮していくという、そんな感じでしょうか。

 色々な意味で、一つの転機を迎えられつつあるように思える三宅由佳莉さんには、「toikimi」さんがおっしゃるとおり、このバラードアレンジでの「海色」を是非歌っていただきたいと思いました。