あれこれdiary

海自OBによる偏見御免徒然あれこれdiary

三宅由佳莉さんの倉敷凱旋あれこれ

f:id:RetCapt1501:20180602113702j:plain

 先だって、瀬戸大橋開通30周年記念行事の一環として行われた、海上自衛隊呉音楽隊の演奏会に三宅由佳莉さんがゲスト出演された様子を、「凱旋公演」としていくつかの記事で紹介させていただきました。

retcapt1501.hatenablog.com

 でも、東京音楽隊として倉敷での演奏会をやったことがないのかなぁと思い、調べて行くと、ありました。しかも2回も。

 それらも含め、三宅由佳莉さんが郷里に錦を飾った「倉敷凱旋」のあれこれをまとめてみました。

 

2012年06月17 日(日)、キャンパスコンサート@くらしき作陽大学

f:id:RetCapt1501:20180602064142j:plain

 2012年の九州地区を皮切りとした大遠征は、今月予定されている西日本大遠征ととても似たコンサートツアーでしたが、なんと、三宅由佳莉さんの郷里である倉敷まで繋がっていました。

 倉敷市作陽大学で行われたキャンパスコンサートでは、2時間のプログラムの進行役を三宅由佳莉さんが務め、岡山弁を交えながらのMCに会場も大盛り上がりだったようです。三宅さんは、歌を3曲披露されたそうですが、曲目は不明です。

 倉敷といえば、三宅由佳莉さんが所属していた「倉敷児童合唱団」がありますが、三宅由佳莉さんと共に同合唱団で活動されていたOGの方々、また現役合唱団員も多数、このコンサートに詰めかけ、「倉児」OGの活躍に心を弾ませたことでしょう。

 今年のツアーでも、6月18日(月)の山口公演と20日(水)の鳥取公演の間、19日(火)に、ひょっとしたら倉敷演奏会があるのでは?と思って探しているのですが、そのような情報はないみたいです。

 ただ、7月20日(金)に予定されている姫路公演が、なんとなく唐突な印象がありますので、この前後に必ず行われるであろう、近県公演の中に倉敷でのコンサートが入る可能性があるのではないかと思っています。

 

2013年11月17日(日)倉敷児童合唱団の定期演奏会へのゲスト出演

 三宅由佳莉さんの古巣である、倉敷児童合唱団(倉児)。その定期演奏会にゲストとして三宅さんが出演されました。その様子を地元のニュース番組が密着取材した動画がアップされていますので、下に埋めます。

 合唱団の子供達や、先生、それにニュースを伝えるアナウンサーまで、皆さんがとても喜んでいるのが伝わります。まさに「倉敷の誇り」ですね。

www.youtube.com

 

2013年11月18日(月)母校である県立岡山城東高校でのミニコンサート

 倉児定期演奏会の翌日には、母校である県立岡山城東高校を訪ねてのミニコンサートが行われました。

 この様子も、地元テレビがニュース番組で取り上げていますが、後輩の生徒さんたちの嬉しそうな笑顔が印象的です。

www.youtube.com

 

2015年01月10日(土)倉敷イオンモールで行われた岡山県警音楽隊との合同演奏会

 1月10日、「110番の日」には、毎年岡山県警音楽隊のコンサートが行われているようですが、この年は、海上自衛隊東京音楽隊との合同演奏会となりました。

 もちろん、三宅由佳莉さんも出演、「Time to say Good-bye」「Let it Go」そして「故郷」の3曲を披露されましたが、幼稚園児も含む、大勢の聴衆が詰めかけ、大変な盛り上がりでした。

「Let it Go」のラストは、最前列で聴いていた幼稚園児たちの所に身をかがめてマイクを向け、園児の歌声で締めるというサプライズなアドリブを入れますが、これには、聴衆も感動したのでしょう、思わず感嘆のため息が広がります。

 ライブでご覧になった方々の書き込み等をみると、三宅さんの姿も歌も、動画で見るより何倍も素敵だったと、皆さん口を揃えています。わかります。

www.youtube.com

 

2015年08月09日(日)ふれあいコンサート倉敷

 倉敷市にある、くらしき作陽大学・藤花楽堂でふれあいコンサートが行われました。

 今回、アニュアルレビューを書くために過去ログを収集する中で発見したものですが、投稿サイトに動画がないため、知られていないこのような演奏会が、まだまだたくさんあるのでしょうね。それにしても、全き凱旋公演であるこの演奏会の動画がないというのも寂しい感じがしますね。どこかにあるのかな?

f:id:RetCapt1501:20180602090136j:plain

www.facebook.com

 

 

2016年01月13日(水)「おかやま晴れの国大使」に就任

 三宅由佳莉さんの凱旋という意味では、「おかやま晴れの国大使」への就任は画期的な出来事ではないかと思います。

 「顔晴る」三宅さんには、まさに相応しい肩書ではないでしょうか。

 こうして、倉敷のみならず、岡山県の誇りとなられた三宅由佳莉さんですが、すでに日本の誇りでもあると思います。皆さんもそう思うでしょう?

 「日本の誇り」にふさわしい役柄が、近い将来きっと巡ってくるに違いないと私は確信しています。

www.youtube.com