あれこれdiary

海自OBによる偏見御免徒然あれこれdiary

三宅由佳莉さんの出会い・・・ピアニストの太田紗和子さん

f:id:RetCapt1501:20171106000352j:plain

  ピアニストの太田紗和子さんをご存知ですか?

 そうです、海上自衛隊東京音楽隊に所属するピアニスト、2等海曹・太田紗和子さんのことです。

 まず、太田さんのピアノをフィーチャーした、東京音楽隊の演奏会の様子を、動画でご覧になってください。私は音楽素人ですから、太田さんのピアノ演奏がどのようなものなのか語る言葉を持ちません、ただただ「凄い」と思うばかりです。

www.youtube.com

 

  三宅由佳莉さんのCDデビュー曲である「祈り〜a prayer」には、フルバンド・バージョンとピアノ・バージョンがありますが、特にピアノバージョンでの太田紗和子さんの繊細な演奏が、この曲の美しいメロディを際立たせているように思います。

 

 ピアノバージョン↓

www.youtube.com

  三宅さんの歌は、まだ感情のコントロールができず、安定感がないように感じますが、太田さんのピアノがしっかり支えてくれるなか、いっしょうけんめい歌っているのが伝わります。歌い終わって涙を拭う姿からも、感情の迸りが感じられますね。

 フルバンドバージョンでも、ロングイントロバージョンでは太田さんの美しいピアノの音色が、聴く者の心を捉え、三宅由佳莉さんの歌を一層感動的なものとしています。

 なにより、太田さんのピアノを弾く姿が、とてもエレガントです。

www.youtube.com

  そんな太田さんは、どのようなバックグランドをお持ちなのでしょうか。

 公表されている経歴は以下のとおりです。

2等海曹 太田紗和子(おおた さわこ)

東京藝術大学音楽学部器楽科卒業、同大学院修了。

1996年、霧島国際音楽祭にて特別奨励賞受賞。97年、ヴィオッティ・ヴァルセジア国際コンクールにて最優秀最年少賞受賞。97〜2000年、イタリア・シエナキジアーナ音楽院マスタークラスにてディプロマ受賞、スカラシップを受け、ファイナルコンサートに出演。第13回宝塚ベガコンクール入賞。01年、国際音楽祭ヤング・プラハチェコ)にソリストとして招待され、ピアノ協奏曲を演奏。これまでに、ブルガリア国立室内オーケストラ、関西フィルハーモニー管弦楽団等、国内外のオーケストラと共演。ラ・フォル・ジュルネ軽井沢八月祭、仙台クラシックフェスティバル等、音楽祭へ参加。また在学中よりリサイタル、FM等で国内外の演奏家と多数共演。国際オーボエコンクールや浜松国際管楽器アカデミー等で公式伴奏ピアニストを務める。

08年10月に海上自衛隊に入隊。翌年1月、東京音楽隊に配属。以降、東京音楽隊にとどまらず、多くの海上自衛隊音楽隊にソリストとして招聘され、好評を博す。

 ピアノを故片岡みどり、渡辺健二、小林仁、室内楽を岩崎淑、作曲を奥本順子の各氏に師事。

 兵庫県西宮市出身。

 うーん、なんだかすごいんだな。国際的にも実力を認められたピアニストということなのでしょう。

 実は、太田さんは海上自衛隊に入隊する前には、演奏活動をされる傍ら、東京音楽隊へのピアノ演奏指導をされていた先生だったのです。

 それが、ご自身も東京音楽隊の一員となった経緯などについては、この動画をご覧下さい。太田さんの語りが、素敵です。

www.youtube.com

 ところで、太田さんは、入隊と同時に2等海曹という階級が与えられました。通常は、三宅由佳莉さんのように2等海士から1等海士、海士長を経て3等海曹に昇任。そして更に経歴を積み、やっと2等海曹に昇任するのですが、太田さんは何故最初から2等海曹なのでしょう。

 実は、一般隊員の他に、海上自衛隊航空自衛隊では「技術海曹(空曹)」を公募で採用する仕組みがあるのです。特殊な免許や技能を有する即戦力の人材を、それらの技術を必要とする現場に補職するものです。その際、本人の能力に相応しい階級が付与されます。音楽隊も、稀にこの枠で隊員を募集することがありますが、常時募集があるわけではなく、特殊技能を持つ隊員が退職する等した場合に募集が行われるため、希望したからといって採用試験を受けられるわけではありません。

 太田さんの場合、東京音楽隊の部外講師として隊員指導に当たるなか、音楽隊の使命や活動内容に共感され、ご自分も志を共にしたいと考えられるようになったのではないかと思います。ちょうどそのタイミングで、ピアニスト公募がかかったという偶然、そして、入隊されたのは、2008年10月、東京音楽隊配属が2009年1月です。その2ヶ月後に三宅由佳莉さんが海上自衛隊に入隊、その年の9月に東京音楽隊に配属となっています。さらに、その翌年の3月、東京音楽隊の隊長として、河邉一彦さんが着任します。

 河邉さんとの出会いについては、以前記事を書きました。

retcapt1501.hatenablog.com

 三宅由佳莉さん、河邉一彦さん、そして太田紗和子さん、この三人の才能が同じ時期に東京音楽隊で重なり、一つの画期的な時代を作ったと言えるでしょう。

 東京音楽隊のことを知れば知るほど、不思議な縁というものが働いていると思わざるを得ないのです。

 三宅由佳莉さんは、本当に多くの曲を太田紗和子さんのピアノ伴奏で歌ってこられました。お二人のプライベートでの関係がどのようなものかは分かりませんが、少なくとも、演奏場面では、相共感し、リスペクトし合う仲であることは、ステージでのお二人の姿を見ればよくわかります。

 そして、多くの三宅由佳莉ファンは太田紗和子ファンでもあるのではないでしょうか。このお二人が出会えた偶然に感謝したい気持ちです。

f:id:RetCapt1501:20171027223632j:plain