あれこれdiary

海自OBによる偏見御免徒然あれこれdiary

遠洋練習航海

練習艦隊音楽隊@サンディエゴ

サンディエゴでの練習艦隊の情報がないなぁ〜と思っていましたが、「すぎ」さんが、色々な情報を寄せてくださいました。 まず、練習艦隊の係留岸壁ですが、空母ミッドウェイの近くではありますが、すぐ隣ではなかったようです。 そして、音楽隊ですが、6月15…

三宅由佳莉さんの遠洋練習航海(第3レグ)

サンディエゴに入港した我が練習艦隊の動向については、何らの情報発信もなく、幻艦隊の感がありますが、港内北部に博物館として係留されている空母「ミッドウェイ」と同じ桟橋に向かい合わせて入港したようだ、との未確認情報がネット上にありました。 先回…

練習艦隊音楽隊の近況

練習艦隊音楽隊の清々しい写真が、遠洋練習航海部隊の公式ページに掲載されました。5月28日、第1レグの途中、ミッドウェイ沖での洋上慰霊祭で、演奏隊形に整列した、緊張感みなぎる練習艦隊音楽隊です。 そして下は、慰霊祭が終わった後に撮影された記念写…

サンディエゴ

遠洋練習公開部隊は、間も無く次の寄港地であるサンディエゴに入港します。今回は随分短い航海でしたね。 本題に入る前に、ハワイでの三宅由佳莉さんの様子を伝える新しい写真が見つかりましたのでご紹介します。「かしま」の艦上レセプションで歌を披露され…

三宅由佳莉さんの遠洋練習航海(第2レグ)

6月3日(月)〜6日(木)、パールハーバーに寄港した我が練習艦隊は、現在、米西海岸にある次の寄港地サンディエゴへ向け第2レグを航行中です。 東太平洋のこの海域は、本当に何にもない大海原です。昼間は来る日も来る日も、360度の水平線しか見えません。…

三宅由佳莉さんの小さな変化

三宅由佳莉さんが遠洋練習航海部隊の一員として横須賀を出港してから、すでに20日が経過しました。この間、最初の寄港地であるパールハーバーでの諸行事も終え、現在、次の寄港地であるサンディエゴへ向け航行中ですが、海上自衛隊の令和元年度遠洋練習航海…

「第一作業隊整列」

久しぶりに、海上自衛隊用語解説です。 今回のタイトルは「だいいちさぎょうたいせいれつ」と読んでください。というかそのまんまですね(≧∀≦) パールハーバーに停泊中の遠洋練習航海部隊のことを考えている時に、ふと頭に浮かんだので、書いてみることにしま…

遠洋練習航海部隊の近況(6月4日現在)

前回の記事で、入港中の行事等に関する情報が得られたら記事にしますと書きました。仕事から戻り、ネット検索を試みました。練習艦隊は既にパールハーバーでの初日を終え、深い眠りに就いている頃でしょうから、練習艦隊か、地元ハワイのプレスが発信した何…

三宅由佳莉さんの遠洋練習航海(第1レグ)

先日、「今年の遠洋練習航海」という記事を書きました。練習艦隊のことや、防衛省のホームページに掲載された今年の遠洋練習航海部隊の航路概要、そして今どの辺を航行中なのかなどについて書いて見ました。 retcapt1501.hatenablog.com あれから十日余り、6…

Yukari Miyake is on her way to you guys!

In last article I wrote that Yukari Miyake probably has joined the fleet band attached to the Training Squadron 2019. retcapt1501.hatenablog.com Last Tuesday, there carried out the departure ceremony for the squadron at the Yokosuka Base o…

今年の遠洋練習航海

洋上を征く練習艦隊旗艦「かしま」 海上自衛隊は毎年、遠洋練習航海部隊を編成して様々なコースでの遠洋航海を実施しています。その主たる目的は、江田島にある海上自衛隊幹部候補生学校を卒業し、幹部(ほとんどが3等海尉、一部の大学院卒の技術幹部は2等…

嵐の中の鹿島立ち(その2)

嵐の中、環太平洋巡行に旅立つ「かしま」 前回の続きです。できることなら、昨日、一本の記事でまとめたかったのですが叶わず、記事を分割せざるを得ませんでした。 さて、出国行事が終わり、梶本大介・海将補(練習艦隊司令官)が、防衛副大臣に出国報告を…

嵐の中の鹿島立ち(その1)

本日、海上自衛隊横須賀基地で執り行われた令和元年度遠洋練習航海部隊出国行事に行って参りました。予報通りの強い雨と、予想を超えた強風の中、横須賀基地正門前の受付にたどり着いた頃には、靴の中が水浸しになる有様でした。 私は京浜急行の汐入駅から、…

遠洋練習航海部隊の鹿島立ち

本日午前、日本国練習艦隊(遠洋練習航海部隊)は横須賀港を出港し、約5ヶ月にわたる訓練航海の旅に出ます。 海上自衛隊横須賀地方総監部地区の逸見岸壁において、本日1000(ひとまるまるまる)から1045(ひとまるよんごー)の間、出港行事が執り行われる予…

Surprise after surprise!

In last article I wrote it as a really big surprise that Yukari Miyake turned out to have been transferred to Yokosuka Band this March. Mariko Nakagawa was assigned as a successor to Yukari Miyake, and Miyake took place of her. retcapt1501…

三宅由佳莉さんの「出港用意!」

サプライズが続く時には続くものですね∑(゚Д゚) 先日、水曜コンサートで三宅由佳莉さんの横須賀への異動が判明したとのサプライズを報告しました。 retcapt1501.hatenablog.com 昨日、英文記事でも紹介させていただきました。 retcapt1501.hatenablog.com これ…

三宅由佳莉さんの遠洋練習航海

海上自衛隊東京音楽隊の歌手である三宅由佳莉さんは、その歌唱力やステージで見せる類まれなパフォーマンスだけでなく、任務に向き合う真摯な姿や強い使命感が高く評価されていますよね。 その端的な現れが、以前から希望されている遠洋練習航海への参加だと…

ミッドウェー沖での洋上慰霊祭

遠洋練習航海の続きです。 パールハーバーを出港した艦隊は、一路祖国を目指し順調な航海を続けて行きます。帰国途上にあるのがミッドウェー島です。 1942年6月5日から7日にかけて戦われた、ミッドウェー沖海戦。様々な教訓を残したこの海戦では、米海軍の戦…

「卑怯な奇襲をどう思っている!」

遠洋練習航海の続きです。 ロサンゼルスを出港し、日本へと向かう艦隊ですが、最後の寄港地となったのが、ハワイのパールハーバーです。米太平洋艦隊の司令部が所在し、米太平洋軍のアジア〜中東戦略の最重要拠点の一つでもあります。 一方、日米外交史的観…

スペースマウンテンで肝を冷やす

遠洋練習航海の続きです。前回から随分と間があきました。 前回までの流れは、エクアドルのグアヤキルという港を出港し、ガラパゴス諸島沖を通ってロサンゼルスに向かう途上、防火訓練や船舶の敬礼の話を挟んだところでした。 その後、ロサンゼルスでのエピ…

船の敬礼

遠洋練習航海の続きです。 昨日の、「お辞儀と敬礼」という記事の続きでもあります。 船舶は、人間が国籍を持つのと同じように、船籍というものを持っており、船尾に掲げる国旗で船籍国(旗国)がわかります。下の写真は、パナマ船籍のコンテナ船ですが、船…

「かとりを曳航せよ」

遠洋練習航海の続きです。 我が艦隊は、南米大陸の各国をめぐり終え、久しぶりの北米大陸に向けて航行を続けました。つまり、南半球から北半球へ戻るわけです。 北半球と南半球の分かれ目が赤道ですよね。パナマから南米に向かう際にも一度赤道を越えていま…

「教練火災、場所は4L」

遠洋練習航海の続きです。併せて、海上自衛隊用語も解説します。 今回のタイトルは「きょうれんかさい、ばしょはよんえる」と読んで下さい。 ガラパゴス諸島沖を北西に進む艦隊の、次の目的地は、米国西海岸のロサンゼルスでです。しばらく、慣れないスペイ…

「変わらぬ息吹ガラパゴス」

遠洋練習航海の続きです。 ヨーロッパのような綺麗な街並みが印象深いチリのバルパライソを後にした我が艦隊は、一転北上し、ペルー沖を通過してエクアドルのグアヤキル港に入港しました。 エクアドルは、英語ではEquator、つまり「赤道」を意味します。その…

「キエン・エス・エル?」

遠洋練習航海の続きです。 多数の日系の方々が見送ってくださるなか、ペルーのカヤオ港を出航した遠洋練習航海部隊は、再び針路を南に取り、チリのバルパライソ港を目指しました。 ペルーとチリは隣国同士ですが、関係は良好ではないと説明を受け、レセプシ…

「インカコーラ?デリシオーソ?」

遠洋練習航海の続きです。 先回までは、パナマとパナマ運河のお話でした。 二度目のパナマ運河を通峡し、太平洋に戻った我が艦隊が次に目指したのは南米ペルーのカヤオ港でした。 パナマからペルーに至るまでに、私たちが初めて通過したのが赤道です。 赤道…

「ただいまから、上甲板でシャワーを許す」

遠洋練習航海、パナマ編の続きです。 retcapt1501.hatenablog.com retcapt1501.hatenablog.com パナマ運河でのダイナミッック(?)な思い出としては、洗濯が挙げられます。 なぜ、洗濯がダイナミックなの? 私が乗艦していた護衛艦「あさぐも」はディーゼル…

「貴様ら、何をやらかした!?」

パナマ国旗 ↓現在のパナマ市 遠洋練習航海の続きです… 太平洋側からパナマ運河に入る前に、首都であるパナマ市のバルボア港に入港したときのことを思い出しました。記述が前後してしまいましたが、面白い経験だったので是非紹介したいと思います。 遠洋練習…

「作業員が乗艦する、光金物隠せ」

遠洋練習航海の続きです。 メキシコのベラクルスを出港した艦隊は、ユカタン半島を回り込むようにして南下し、パナマ運河を通峡して太平洋に戻ります。 往路にも通峡したパナマ運河。 今回は、この有名な運河での出来事をいくつか。 パナマ運河は、太平洋と…

「ウルトラ・シエテ!」

映画「ベラクルス」のポスター 先回に引き続き、遠洋練習航海での印象深い思い出です。今更ながら思い出すと、遠洋航海では興味深い出来事がたくさんありましたので、しばらくの間、断続的なシリーズで書いてみたいと思います。 ニューオリンズを出港した艦…