あれこれdiary

海自OBによる偏見御免徒然あれこれdiary

三宅由佳莉さんが歌う「リンゴの唄」

f:id:RetCapt1501:20190116235613j:plain

 皆さんは「リンゴの唄」をご存知ですか?

 私の年代以上の方々にとっては、誰もが知る昭和の人気歌謡ですが、世代を下れば、ご存知ない方の方が多いかもしれませんね。大東亜戦争中に書かれた歌謡曲ですが、国を挙げての戦いの最中に相応しくないとの理由でお蔵入り、1945(昭和20)年に我が国が敗戦を受け入れた後に、ようやく陽の目を見たのです。

 並木路子さんが歌ったこの唄は、大切な家族や友人を失い、荒廃した国土のなかで敗戦に打ち拉がれていた我が国民を癒し、元気付けて空前の大ヒットとなりました。

www.youtube.com

 お聞きになればわかりますが、快活なイントロが終盤に転調して、やや哀調を帯びた本曲に入っていくところが秀逸です。哀調を帯びたメロディラインであるにもかかわらず、並木さんの唄はとても明るく、聴く者の気持ちをグッと掴んで前に向かわせてくれますね。戦後最初の歌謡曲として大ヒットしたのも頷けます。

 でも、この頃の並木路子さんは、とても明るい唄を歌えるような心理状態ではなかったのです。戦地で父と兄を、そして空襲で母を亡くしていたからです。そのような状態から、このような明るい歌声を紡ぎ出すには、どれほどの葛藤があったことでしょう。そして、そんな苦しみを経て生み出された唄だからこそ、広く国民の心を捉えることができたのだと思います。

 昨年10月に開催された東郷の杜音楽祭で、三宅由佳莉さんはこの唄を披露されました。一昨年リリースされたアルバム「SING JAPAN」にも収録されていますが、その日会場にいた私は、生の歌声を初めて拝聴しました。

 三宅さんがこの唄に取り組むにあたり、おそらく並木路子さんのエピソードにもきちんとあたられていると思います。そして、いつもそうであるように、オリジナルへのリスペクトを胸に、自分なりに十分咀嚼して解釈した答えを披露してくださっているのだと思います。

 思えば、東日本大震災の後、その衝撃と悲しみに打ち拉がれていた我が国民を癒し、元気付けてくれた「祈り〜 a prayer」は、「リンゴの唄」とよく似た役割を果たしたのではないでしょうか。喪失感に苛まれている人の心を癒し、前に向かわせる、そんな力が歌にはあるということを、三宅由佳莉さんは身をもって体験されてきました。でも、その歌を作り上げるために、只ならぬ葛藤と苦しみがあったことも事実ですし、その点でも「祈り」と「リンゴの唄」には共通点があるのではないかと思えるのです。ですから、「リンゴの唄」がなぜ、当時の多くの国民を癒し、救うことができたのか、そんなことに思いを巡らせながらこの唄をご自分の中に取り込んで来られたのでしょう。

 原曲とはまた違った輝きを放つ、三宅由佳莉さんの「リンゴの唄」、是非お楽しみください。

 www.youtube.com

自由の争奪戦

 この連休は、実家に身を寄せていました。昨年末に父が施設(リハビリ病院)に入ったものですから、その状況を確かめたかったのです。スマホから記事を上げるのがあまり好きではないものですから、記事投稿はお休みさせて頂きました。

     さて、昨年の春先には命が危ぶまれた父ですが、両下肢の自由を失いながらも一命を取りとめ、リハビリ病院に転院することができたのは幸いでした。

f:id:RetCapt1501:20190114194816j:plain

 リハビリ病院だけでなく、老健施設やグループホーム、居宅支援相談センターなどが集約されており、利用者にとっては大変便利な施設です。

    今回、リハビリに取り組む姿なども直接見ることができたのですが、自分の力で立つために、懸命に取り組む父の姿を見て思ったのは、これこそが人生なのではないかということでした。

    人間は生まれながらにして自由だとおっしゃる方がいらっしゃいますが、果たしてそうでしょうか。

    どの国の、どんな家庭に生まれるのか、新生児は選ぶことができません。それだけでも不自由極まりないのに、喋ることも、自在に動くこともできない嬰児に、なんの自由があるというのでしょうか。

ãç«ãèä½æ¨©ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæãç«ãèä½æ¨©ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

    そんな不自由の極みから、少しづつ自由を獲得していく戦いの過程が「成長」なのでしょうし、身体能力だけでなく、言語や思考力も、より自由な人生を担保するためのスキルと言えるでしょう。

ãç«ãèä½æ¨©ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 でも、そのような個体の自由を獲得しても、不自由のない人生が送れるわけではありません。

ãå­ã®æé·ãèä½æ¨©ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 高度に分業化が進んだ現代社会で、個人が自力で成し遂げられることなどほんの僅かです。食料を始めとする消費材、家屋や乗用車などの耐久財は、通常個人が作り出せるものではありませんし、訴訟や重大な契約などの法律行為については、弁護士や司法書士など専門家の助言なしには覚束きません。

ãç«ãèä½æ¨©ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæãç«ãèä½æ¨©ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

    ですから、これらのサービスを手にするために、私たちはその代価を支払えるだけの収入を得ようと努力します。つまり、獲得した個体の自由度を駆使して、今度は社会的自由度を獲得するための戦いが続くわけです。

    こうして、個体としての自由度と社会的自由度を合わせた個人の自由度が増えたり減ったりを繰り返しながら徐々に拡大していきますが、それがピークを迎えるタイミングはもちろん人それぞれです。本人にさえ、いつがピークなのかはなかなか解りませんし、予期せぬ事態で突然自由度を失うことだってあります。でも、概ね青年期から中年期にそのピークを迎え、その後は徐々に失いはじめ、最終的に全ての自由度を返上して土に還るというのが一般的ではないかと思います。

ãç«ãèä½æ¨©ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

(寝てるだけです。念のため)

 自由度の獲得段階は、ありたい自分と現状とのギャップを自らの意思で埋めていくプロセスと捉えることができますが、では自由度を失う段階はどうなんでしょう。あるはずの自分と現状とのギャップを折に触れ思い知らされながら、渋々それを追認していくプロセスでしょうか。

 とは言え、「あるはずの自分」は「ありたい自分」でもありますから、易々と追認することなく、これに抵抗して自由度を獲得するための戦いを続けることになるのだと思いますが、成長期とは異なり、それは実に「シンドイ」ことです。「もう歳だし、無理しなくていいんじゃない?」と考えれば、自由度を獲得する戦いはそこで終わり、あとは失われていく自由度と運命を共にする達観した日々を過ごすのでしょう。

 今回、父の姿を見て、生まれてから死ぬまで続く自由の争奪戦こそが人生なのかなと思ったのでした。

 

三宅由佳莉さんの10周年

f:id:RetCapt1501:20180217014734j:plain

(2009年 横須賀教育隊で国歌を独唱する三宅由佳莉さん)

 先日、「三宅由佳莉さんの当面の予定と今年の注目点(2019年)」という記事を書きました。

retcapt1501.hatenablog.com

 でも、大事なことを書き忘れていました。タイトルを見てのとおりですが、今年は、三宅由佳莉さんが海上自衛隊に入隊されてから10年の大切な節目に当たります。

 今年の4月、正確には3月末で、入隊から丁度10年となるのです。

 右も左もわからず、教育隊での厳しい「新兵教育」を受けて自衛官としてのキャリアのスタートラインに立ったのは9月のことです。

 入隊年である2009年の三宅さんを振り返って見たのが「三宅由佳莉さんの2009年レビュー」という記事でした。

retcapt1501.hatenablog.com

 一応シリーズ化しているのですが、2012年までアップしたとことで足踏み状態になっています。想像はつくと思いますが、メジャーブレイクした2013年のイベントが多すぎてこなしきれていない状態です。決して投げ出した訳ではありませんので念のため。

 さて、2009年のレビューを見ると、まだ現在のような強い使命感に裏打ちされた覚悟や、自衛官としての風格には程遠いばかりか、制服すらまだ板についていない初々しさが感じられます。

 三宅由佳莉さんの使命の自覚や自衛官としての確固たる基盤が出来上がったのは、やはり2011年の東日本大震災とそれへの対応であったでしょう。

 河邉隊長が書かれた「祈り〜a prayer」という類稀な名曲との出会いも大変大きな意味を持ちました。

retcapt1501.hatenablog.com

 爾来、「国民の皆様と共に歩み続ける」という、海上自衛隊の一隊員が担うにはあまりにも大きな使命を自らに課しながら、三宅由佳莉さんは真摯な努力を積み重ね、実に多くの人々の心を動かし、その支えとなって来られました。私を含め、どれほどの人々がその飾らない人柄から繰り出される歌声に衝撃を受け、また救われてきたことでしょう。私がこのブログを始めたきっかけが、そんな三宅さんに対する感謝の気持ちを、何らかの形で多くの人に伝えたいという思いからだったということは、これまで何度も書いてきました。

 今回、この記事を書くことで、そんな当初の気持ちを改めて思い出し、今後もしっかりと取り組んでいこうという思いを新たにしたところです。

東京音楽隊の第58回定期演奏会

f:id:RetCapt1501:20190110033418p:plain


 先日の記事でもご紹介しましたとおり、来月10日(日)にサントリーホールで開催される東京音楽隊の第58回定期演奏会は、本日到着分のハガキをもって応募が締め切られます。昨日までに投函しなかった方、残念ですが今回は諦めてください。

 え?今日、用賀まで直接持ち込めば間に合う?

 そうはいかないようですよ。

 公平を期すため、直接の持ち込みは受け付けないのだと聞いています。そういうところがしっかりしていますね。と、言いますか、東京音楽隊の人気に火がついた頃、きっと締切日に直接持ち込みする方がたくさんおられて、問題になったのではないかと推察いたします。多くの経験が、仕組みを洗練させていくのでしょう。

 さて、今回の定期演奏会ですが、昨年に引き続き司会として俳優の村上新悟さんが起用されています。toikimiさんの昨年の報告記事によりますと、樋口隊長と村上さんは行きつけの店がたまたま同じで、そこで出会って意気投合し、司会をお願いすることになったとのエピソードを荒木美佳さんが紹介されていたそうです。2年連続で演奏会の司会をお願いするなんて、お二人の波長がよほど合っているのではないでしょうか。

 今回の募集リーフレットを見ると、toikimiさんが「デジャヴ」かと思ったと仰るとおり、昨年と同じ?と思えるようなデザインです(下は昨年のリーフレット)。f:id:RetCapt1501:20171231231046j:plain

 でも、大きな違いがあります。もちろん会場も違うのですが、今回のリーフレットの冒頭に「祝天皇陛下御在位三十周年」との記載があることです。

 今年はそんな節目であると同時に、今上陛下が皇太子殿下に皇位を譲られるという画期的な年でもあります。ひょっとしたら、今上陛下のご婚礼を祝して団伊玖磨さんが作曲された「祝典行進曲」が演奏されるかも知れませんね。楽しみです。

www.youtube.com

 祝典行進曲は、単なる私の予想に過ぎませんが、今年のリーフレットに記載されている曲を見て見ましょう。

 まず、クロード・トーマス・スミスによる「華麗なる舞曲」ですが、吹奏楽曲としては最難曲と言われる曲のようです。米国における吹奏楽の最高峰と目される米空軍軍楽隊のために書かれた曲だそうです。C.T.スミスが米空軍軍楽隊に突きつけた挑戦状のようなものなのでしょうか。その難曲に挑戦する東京音楽隊の演奏を是非聴いてみたいものです。定期演奏会ならではの選曲なのでしょう。

www.youtube.com

 

 そして、ジェイムズ・バーンズによる「交響曲第4番〜イエローストーン・ポートレイト」です。イエローストーンは、米国にある世界初の国立公園で、世界最大の間欠泉があるなど、人気の観光スポットです。ãã¤ã¨ã­ã¼ã¹ãã¼ã³ã»ãã¼ãã¬ã¤ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 バーンズの交響曲第4番は、もともと管弦楽団のために書かれた曲を、吹奏楽団用に編曲し直し、それを正式ナンバーとしたものだそうです。バーンズの吹奏楽への思い入れが感じられるエピソードではないでしょうか。

www.youtube.com

 

 そして気になるのは、昨年の「悲しくなった時は」のように、三宅由佳莉さんが歌われるであろう曲目が明記されていないことです。まさか、三宅さんの歌唱がないことはないと思いますが、ことさら記載がないと何となく落ち着きませんよね。

 まぁ、そこはお楽しみというところでしょうか。

 応募が当選することを祈りつつ、来たる定期演奏会を楽しみに待ちたいと思います。

三宅由佳莉さんの遠洋練習航海

f:id:RetCapt1501:20190109013326p:plain

 海上自衛隊東京音楽隊の歌手である三宅由佳莉さんは、その歌唱力やステージで見せる類まれなパフォーマンスだけでなく、任務に向き合う真摯な姿や強い使命感が高く評価されていますよね。

 その端的な現れが、以前から希望されている遠洋練習航海への参加だと思います。

 バンドのメンバーは、東京音楽隊に限らず、各地方隊の音楽隊からも、毎年数名ずつが臨時の遠洋練習航海部隊付きの音楽隊員として参加しています。

 以前、そんな三宅さんの希望が叶ったらいいなぁという思いを込めて「三宅由佳莉さんのささやかな希望」という記事を書きました。

retcapt1501.hatenablog.com

 海上自衛隊としても、その夢を叶えてあげたいとは思っていると思います。というか人材育成という観点から、参加させるべきだと考えられているでしょう。

 とは言え大変人気があり、国内での出演所用が極めて多いのも事実ですから、関係者の悩みも大きいのではないかと思います。

 でも、このままでいいのでしょうか。上の記事でも書きましたが、洋上での勤務を経験することが、三宅さんの歌の幅を更に広げることは間違いありませんし、「本物」だけが持つ説得力というものを格段に充実させてくれることでしょう。

 一昨日、「三宅由佳莉さんの当面の予定と今年の注目点(2019年)」という記事を書きましたが、その中で、今年は東京音楽隊の海外遠征がありそうだと見積もりました。

retcapt1501.hatenablog.com

 三宅由佳莉さんが、半年近い遠洋練習航海の全行程に参加するのは難しいにしても、その一部だけを経験するという途がないわけでもありません。海外遠征があるのであれば、それに合わせて遠洋練習航海部隊の1レグ(ある寄港地から次の寄港地までの移動行程)か2レグほどを経験させるという方法です。

 もっとも、何故そのような参加のさせ方が必要なのかを、説得力ある理由で説明しなければなりませんので、簡単ではありません。でも、東京音楽隊の海外遠征とのセットということであれば、十分に説得力あるプランになり得るのではないかと思います。

 とは言え、最近は三宅さんが「遠洋航海に参加したい」と仰る声を聞くこともなくなりました。気持ちは変わっていないとは思いますが、部隊経験が長くなり、中堅海曹と見られるようになってきたことで、ご自分の発言にも相当気を使われているのではないかと推察します。

 そんな三宅さんの長年の夢である「遠航部隊への参加」が、今年実現したらいいなぁとの思いを書き記して見ました。 

Yukari Miyake singing in the Marching Festival 2018

f:id:RetCapt1501:20190106225830j:plain

    On 22nd Nov. 2018, I visited the "Budokan" to watch the 3rd performance of Self-Defense Force Marching Festival 2018. This festival is one of the traditional events of the SDF with decades of history and is very popular. So tickets for this annual festival are hard to obtain, and it is said that the application magnification is about 7 times. I could say that I was very fortunate that I got a ticket this time. In this article, I will focus on several stages where Yuka Miyake appeared, out of the 2 hour long festival full of exellent performances. I attached links to the festival whole videos at the end of the article so please visit and enjoy it. Of course after reading this article!

 

【OPENING】

    At the opening, each diva of 3 Self Defense Force sang a play song "who will know" of the movie "Shin Godzilla". Michiko Matsunaga, center, is the singer in the Central Band of the Grround Self Defence Force (Army), Yukari Miyake, left side, the Tokyo Band (Navy), and Saki Morita, right side, the Central Air Band (Air Force). They beautifully sang this song full of deep sorrow. It was a short performance, but from the way of Yuka Miyake's motion, you can see a glimpse of her dance skill.

www.youtube.com

 

【DRILL PERFORMANCE BY TOKYO BAND】

    The Chapter 2 of the Festival "Challenge at Sea" concluded by a performance by the Tokyo Band. The performance started with a song by two Divas of MSDF, Yukari Miyake (left side at first) and Mariko Nakagawa (right side). They sang "Somewhere on this Planet" showing a smooth and elegant dance. The choreography, I guess, was Yukari Miyake's idea because she is very good not only at dancing but also at carrying out coreography. The two Divas have been acting years in each Band of MSDF but co-starred for the first time in this Festival.

f:id:RetCapt1501:20190106225912j:plain

Their song and dance was followed by the Band's mind-inspiring performance ended with the march "Man of War", the symbol of the Tokyo Band. The band's members form a shape of an anchor and it rotates keeping brilliantly the shape.

↓↓↓ Click and enjoy their performance! ↓↓↓

www.youtube.com

 

【FINALE】

    Thre are so far 5 Divas in Japanese Military Service, 2 each in Army and Navy, 1 in Air Force. Some of them occasionally co-starred in the past, but never appeared all at the same time. In the Marching Fest 2018, they finally co-starred for the first time.
At the finale, they showed off amazing harmony and each of them expressed the joy of singing together with a shining look. I suppose that that was what Yukari Miyake, who with the longest career among them, have been longing for.

↓↓↓ Click and enjoy their harmony! ↓↓↓

www.youtube.com

    From left to right, Michiko Matsunaga(A), Mai Tsugumi(A), Saki Morita(AF), Mariko Nakagawa(N), and Yukari Miyake(N)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Two whole videos below. Visit and enjoy them!

↓↓↓ The festival whole video by ikoan01.  ↓↓↓

 

www.youtube.com

↓↓↓ The festival whole video by h1way2012.  ↓↓↓

www.youtube.com

三宅由佳莉さんの当面の予定と今年の注目点(2019年)

f:id:RetCapt1501:20190106151515j:plain

 昨年も、同じタイトルで記事を書きました。年初時点での見通し記事ですので、すぐに賞味期限が切れてしまいますが、なぜか、今年に入ってもアクセスが続いています。つまり、三宅由佳莉さんの予定を知りたいという人がとても多いと言うことではないでしょうか。そこで、今年も書いてみることにしました。

 昨年同様、4月以降の予定については、来年度予算の成立を待たなければ確定しませんし、4月に入らなければ公表もされません。ですから、3月までの予定で判明しているものと、4月以降の見積もりという形になります。

 

1月26日(土)第38回静岡音楽祭

 今年の静岡音楽祭に、東京音楽隊が出演します。なお、応募は昨年12月の初旬に締め切られています。

f:id:RetCapt1501:20190106065228j:plain

 

 

2月10日(日)第58回定期演奏会

 六本木アークヒルズにあるサントリーホールにて、海上自衛隊東京音楽隊定期演奏会がおこなわれます。

f:id:RetCapt1501:20190106070024j:plainf:id:RetCapt1501:20180401220319j:plain

 応募ハガキは1月10日必着ですので、まだ応募していない方、慌ててください。

f:id:RetCapt1501:20190106070105j:plain

 

 

3月 新造艦艇の引渡し式・自衛艦旗授与式

 期日は不明ながら、以下2艦の艤装が終了し、海上自衛隊への引き渡しおよび自衛艦旗授与式が行われます。

 

 ・護衛艦「しらぬい」(三菱重工・長崎造船所)

 ・潜水艦「しょうりゅう」(川崎重工・神戸造船所)

 

 自衛艦旗授与式においては、スケジュールさえ合えば、三宅由佳莉さん、あるいは中川麻梨子による「海のさきもり」独唱が行われるかも知れません。

 日程等に関する情報が判ればアップデートして行きたいと思います。

f:id:RetCapt1501:20180401232730j:plain

 

 年度内の予定で判明しているのは以上です。公表されていないスケジュールが山ほどあるのでしょうけど、私には知るすべがありません。何か情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらコメント頂けると幸いです。

 

来年度の見積もり(今年度の記録を兼ねます)

 さて、来年度(平成31年度/新年号初年度)の予定はまだわかりませんが、現時点で見積もられる予定は以下のとおりです。

 4月〜8月にかけては、東京音楽隊の地方公演が続くものと思われます。一昨年は新潟、石川、福井などの裏日本遠征が、昨年は九州〜中国地方の大遠征と東北公演、スポットでは姫路公演が行われましたが、今年はどのようなスケジュールになるのでしょうか。3自衛隊合同演奏会の開催場所も含めて注目されます。

 しばらく行われていない北海道公演もあるかも知れませんね。

 昨年の実績を記録した記事を参考までに貼っておきます。

retcapt1501.hatenablog.com

retcapt1501.hatenablog.com

retcapt1501.hatenablog.com

retcapt1501.hatenablog.com

 

 また、東京音楽隊の演奏会以外でも、地方の音楽隊の演奏会に三宅由佳莉さんがゲストとして出演する機会も何度かあるでしょう。今年度の記事を貼っておきます。

retcapt1501.hatenablog.com

retcapt1501.hatenablog.com

 

 7月(昨年実績)に、昭和女子大で開催されるインクルージョン・フェスティバルでの演奏会が今年も行われるかも知れません。昨年、東京音楽隊はこのフェスティバルの演奏会を初めて開催したのですが、たまたま猛暑日で、「不要不急の外出」は控えるよう注意喚起がなされていたこともありましたし、どのような演奏会なのかイメージができない方が殆どだったということもあったのではないかと思います。人見記念講堂には信じられないくらいのわずかな観客しか入らないという驚きの演奏会になりました。今年も開催されるかどうかはわかりませんが、開催されるとなれば、今年は大入りになると思います。報告記事を貼ります。

retcapt1501.hatenablog.com

 

 7月(恐らく)には、恒例となった「音楽のたまて箱」への出演があると思われます。オペラシティが主催する無料の演奏会です。今年も休暇をとって行ってみようかなと思っています。報告記事を貼っておきますね。

retcapt1501.hatenablog.com

 

 9月初旬〜中旬頃には、恒例のランチタイムコンサートが赤坂(水曜)および新宿(木曜)で行われることになると思います。いずれも屋外での演奏会で、とてもカジュアルな雰囲気で行われますので、都合がつく方は是非足を運ばれてはいかがでしょうか。水曜コンサートの様子を収めた動画を貼ります。

www.youtube.com

 

 9月頃には第60回定例演奏会が行われます。ここ2年に渡り、秋の定例は昭和女子大人見記念講堂で行われていますね。ひょっとすると人見での公演が定例化しているのかも知れませんので、人見記念講堂での開催になるのかな?いいホールですし、昭和女子大付属中高吹奏楽部・合唱部とのコラボも馴染んで来ましたしね。

 昨年の報告記事を貼っておきます。

retcapt1501.hatenablog.com

 

 そして、自衛隊記念日行事としては、10月(恐らく)に観艦式が行われます。本来の順番からいくと昨年が観艦式、本年が中央観閲式の予定でしたが、来年に迫った東京オリンピックで朝霞の演習場が使用されるらしく、その準備のために今年の秋には朝霞が使えなくなるため、観艦式と中央観閲式の開催順序を入れ替えたようです。

 観艦式では、航行中の艦上での演奏会も行われると思いますが、前回、前々回と同じように、横浜などでのオープンスペースでの演奏会が行われるはずです。楽しみですね。

 昨年書いた「観艦式について」という記事を貼っておきます。

retcapt1501.hatenablog.com

 

 10月頃、原宿のルアール東郷において、恒例の「東郷の杜音楽祭」が開催されることになると思います。東郷会と水交会の共催という形で、会員を対象とした小規模な演奏会ですが、軍歌と当時のヒット曲などを通じ、明治から戦後の復興期までを、毎年視点を変えながらレビューするという、異色の内容となっています。

 昨年の報告記事を貼っておきますね。

retcapt1501.hatenablog.com

 

 11月(恐らく)には、武道館で自衛隊音楽まつりが開催されます。毎年7倍程度の競争率ですので、なかなか当選はしませんが、昨年会場で体験した身としては、やはりライブの迫力に勝るものはないと思います。確率は低くてもゼロではありません。皆さん諦めずに応募しましょうね。

 昨年の報告記事を貼っておきます。

retcapt1501.hatenablog.com

 

 12月には、第61回定例演奏会(クリスマスコンサート)が行われます。すみだトリフォニーホールでの開催が定例化していますので、今年も同ホールでの開催になると思われます。昨年の報告記事を貼っておきます。

retcapt1501.hatenablog.com

 

 また、東京音楽隊は、2014年にはオスロノルウェイ)、2016年にはバーゼル(スイス)でのタトゥー(軍楽祭)に遠征参加していますが、そろそろ海外遠征があっても良いのではないかと思います。

 一昨年は陸自の中央音楽隊がスコットランドへ、また昨年は空自の航空中央音楽隊がドイツ・オランダへと遠征しています。恐らくですが、音楽隊の海外遠征事業は3幕共同事業として予算が認められ、順番に遠征する形で事業運営方針が固まったのではないかと推察します。そうだとすると、今年は海自東京音楽隊の番ということになります。

 遠征先ですが、これまでは全てヨーロッパですけど、大切な同盟国である米国への遠征がありません。そろそろ米国遠征があってもよいのではないでしょうか。私のYouTubeチャンネルに寄せられた米国からのコメントにも、「米国でもタトゥーをいろいろやっているので、是非米国に来て演奏してほしい」というのがありました。米国遠征が実現するといいですね。

 オスロバーゼルでの様子を伝える動画を貼っておきます。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

2020年2月(恐らく)には、第59回定期演奏会が行われます。今年(2019年)はサントリーホールですが、59定期はオペラシティになるのではないかと思います。

 昨年の第58回定期演奏会は、私は落選しましたが、演奏会に足を運ばれたtoikimiさんが代わりに報告記事を書いて下さいましたので、その記事を貼らせて頂きます。

toikimi.hateblo.jp

 

3月には新造艦艇の引き渡し式・自衛艦旗授与式が行われます。

護衛艦「まや」(ジャパン・マリン・ユナイテッド・磯子工場)

・潜水艦「おうりゅう」(三菱重工・神戸造船所)

 

 以上、現時点で見えている今年・今年度の予定と注目点などについてザッと洗い出して見ました。何かの参考になればと思います。