あれこれdiary

海自OBによる偏見御免徒然あれこれdiary

All eyes to her awesome performances!

f:id:RetCapt1501:20180716225516j:plain

 今回、記事を英語で書いたのは、次のような事情があります。先日もご紹介したように、私のYouTubeのチャンネルに外国の方からのコメントが時々届くようになりました。その中に、三宅由佳莉さんのことを質問するコメントがあったので、どこかに英語でまとめて紹介しているところはないかと探したのですが、見つかりませんでした。wikipediaも、ドイツ語版と中国語版はあるのに、英語版がありません(ドイツ語版があるのがすごいなと思いました)。仕方ないので、三宅さんの入隊までの経緯と、CDデビューまでの経緯くらいを紹介できる記事を一本書いておこうと思ったわけです。

 あとは、動画の方に、この記事へのリンクを貼れば、YouTubeチャンネルを訪問してもコメントしない多くの外国の方に、三宅由佳莉さんのことを知ってもらえるのではないかとの期待です。

 なお、英文の誤り等のご指摘は大歓迎です(╹◡╹)

 お読みいただければわかりますが、まだまだ、座りの悪い記事です。とりあえずあげましたが、これから少しずつブラッシュアップして行きたいと思います。

 

   At the top of this page is a picture of a pretty female singer, dressed in military uniform. Have you ever seen her face or enjoyed her singing?

   Yukari Miyake, is a singer belonging to the Tokyo Band of the Japan Maritime Self Defense Force (so-called navy) .
   On December 14, 1986, she was born in Kurashiki, Okayama prefecture, which is one of the cities full of historical emotion. The dream from her girlhood was to set herself on stage as a musical actress. So she tried, broke through difficulties and joined the prestigious Kurashiki Children's Choir.  There  she polished the song skills until graduating from high school

f:id:RetCapt1501:20180716230228j:plain

   Meanwhile, at high school, while studying at the music course, she belonged to the dance club of the high school and mastered dance skills
   After acquiring the skills of singing and dancing, she entered the College of Arts, Nihon University in Tokyo and majored in vocal music.
   From her lovely and neat appearance, who can imagine that she is a master of karate, a traditional Japanese martial arts? After entering the College, she joined the karate team and started doing practice in it, which was an inexperienced field to her. In the first tournament, she had lost the game in a flash. No one expected that she would win, because she was just a beginner and the opponent was upgraded. But to everyone’s surprise, after the game, she cried out with regret like a little girl. After that, she devoted herself to karate and paid every effort in mastering it, and, to my astonishment, by the time she graduated from the college, she had reached the level, skillful enough to win the National Championships. I admire her awesome fighting spirit and concentration.

f:id:RetCapt1501:20180716230505j:plain

   Well, lets go back to her dream. Though she sent her campus life dreaming to be a musical actress one day, she found herself facing the tough reality. She had to give up her dream to enter upon a stage career for a while and decided to keep involved with musicals while working. So, she got an employment job offer from a famous department store.
   Just around that time, one of the professors of vocal music told her that Maritime Self-Defense Force was recruiting a singer and advised her to take the exam. That’s right. Coincidentally, the MSDF had decided to adopt a singer for the first time in its history.

“At first, I was not interested in it at all” she says. “But she was a professor who had been taken care of me, so I told her “yes” and went reluctantly to the rcruiting fair held by Tokyo Band of MSDF.”

However, the moment she listened to their performances at the Tokyo Band’s practicing hall, she felt some kind of excitement started to grow inside her. And the presentation they gave her finally caught her heart. "I wanna join the team!" She had decided to take the exam. Although there were many examinees for only one seat, cruising the difficulties, she passed brilliantly.

   In April 2009, she enlisted, and after 5 months Boot Camp training in Yokosuka, she finally was assigned to the Tokyo Band.

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/RetCapt1501/20180217/20180217014734.jpg

www.youtube.com

(Yukari Miyake singing the national anthem, Boot Camp in Yokosuka)

 

   Tokyo Band performs about 130 concerts annually in various sizes nationwide. She of course joins the Band's tours and sings songs for many listeners always longing for them to visit. Below is a picture of Yukari Miyake in the Christmas concert 2009.

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/RetCapt1501/20180108/20180108030125.jpg

www.youtube.com

 

   On 11th March 2011, a huge earthquake struck East Japan, causing massive and disastrous damage. Everyone in the Tokyo Band wished to proceed up there and help the evacuees. While many Self Defense Forces units deployed there, the Tokyo Band was ordered to wait and prepare for the appropriate time.   About a month later, the Tokyo Band finally got a mission and the consolation performances started in the afflicted areas. Yukari Miyake was assigned to a unit with 7 members.

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/RetCapt1501/20180216/20180216160651.jpg

( ↑ Yukari Miyake performing consolation at a shelter for the victims)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/RetCapt1501/20180216/20180216004530.jpg

( ↑ Yukari Miyake listening to the story of a victim with a serious looking face.)

 

   While the Band members were engaged in consolation, the commanding officer of the Toko Band and at the same time a talented composer, Commander (CDR) Kawabe, was composing one piece of song, which spreads emotion later in Japan.

"Inori ~ a prayer" was written and composed for Yukari Miyake to consolate and encourage the victims and evacuees of the huge Quake and Tsunami.

www.youtube.com

   This song began to spread quietly on the net, and eventually called a tremendous response. With this song as a trigger, a number of news programs began to convey her. And finally, her singing appearance stuck in the eyes of a record company, and her CD debut was decided.

   On 28th August 2013, when her debut album "a prayer" was released, it recorded an unusual sales and the Tokyo Band received the Japan Record Awards Planning Award in December of that year. 

f:id:RetCapt1501:20180120220821j:plain

   CD debut called for a new reputation, and requests to appear on TV and radio rushed to her. Super busy years began for her and the Tokyo Band. However, no matter how busy she was, she never forgot her mission to strengthen ties between the people and the MSDF. Please watch the video below. You can enjoy amazing performance.

www.youtube.com

 

   Yukari Miyake sings "Think of me" from "The Phantom of the Opera"

www.youtube.com

 

 

   On March 4, 2015, her second album "Hope ~ songs for tomorrow" was released. It contains the song that she wrote, "Hope".

f:id:RetCapt1501:20180717025140j:plain

www.youtube.com

(Special live performed in an elementary school in Tokyo on the day of album release)

 

   Since around 2017, the media has settled down, so it seems that she and Tokyo Band have become able to devote themselves firmly to their original duties.

 

   The repertoire of her songs is very wide, so I would like to introduce some of the videos of a little unusual performance.

   Yukari Miyake covers a vocaloid number "Tell Your World"

www.youtube.com

 

   Yukari Miyake covers again a vocaloid number"Dance robot dance"

www.youtube.com

 

   Yukari Miyake (center) shows an exellent dance performance.

www.youtube.com

 

   how was it? I am glad that you are interested in her acting a very wide range of performances.

 

   By the way, last month, she won second place in all the Self Defense Forces Karate-Do Championship Tournament. Yes, she is a real master of Karate!

f:id:RetCapt1501:20180608023445j:plain

 

三宅由佳莉さんの最近の動向(18−17)

 先回の「動向(18−16)」を投稿した際には、まだ情報をよく把握していなかったのですが、9月8日(土)、小田原市民会館大ホールにおいて、海上自衛隊東京音楽隊による「東日本大震災復興支援チャリティコンサート」が開催されます。

f:id:RetCapt1501:20180714142221j:plain

 演奏曲目に、「祈り〜a prayer」と「花は咲く」が入っているとの情報もあるのですが、確認できていません。

 2016年を最後に、三宅由佳莉さんがどこかで「祈り」を歌われたという情報がパタリと消えてしまったので、とても残念に思っていたので、もし本当に歌われるのなら、私にとってはこの上ない喜びです。

 チャリティコンサートということで、チケット代金は2000円となっていますが、実行委員会によると、東日本大震災の復興義援金として全額寄付されるとのことです。
www.townnews.co.jp

  小田原では、2015年2月20日(金)にも、ロータリークラブ60周年記念イベントとして、東京音楽隊によるチャリティコンサートが行われています。この時は、世界の子どもたちへのポリオワクチン普及のための寄付金と引き換えにチケットが配られていたようです。

 

 

2015年2月20日(金)小田原ロータリークラブ60周年記念行事での演奏会

 

www.townnews.co.jp

 

 東京音楽隊と、小田原には、何か強い絆があるのでしょうか。

 このような形でのチャリティ支援演奏会が、小田原以外で開催されたとの情報には接していません。

 今回の演奏会も、東京音楽隊のホームページには掲載されていませんので、チャリティコンサートは、広報演奏活動とは別の仕分けになっているのかも知れません。

 もしそうだとすると、把握できていないチャリティコンサートが結構あったりするのかも知れないですね。

 東京音楽隊の演奏活動は、幅が広いなぁと改めて思いいます。 

 

三宅由佳莉さんの「花は咲く」

f:id:RetCapt1501:20180714162618j:plain

 一昨日から、私の家の周りで蝉の鳴き声が響き渡り始めました、ここ横浜は、夏本番の暑さです。

 私は、湿度は嫌いですが、今日のようなカラッとした夏の暑さがとても好きです。

 ですから、窓を開け放ち、自然の風が部屋の中を静かに流れて行くのを、感謝の気持ちを持って楽しんでいます。ほんのわずかな空気の流れが、私にとって心地よい空間を作ってくれるからです。こんな些細なことですら、自然の恩恵だと思います。

 でも、人間にとって都合のいいことばかりではありませんよね。

 特に、国土自体が火山の連なりで、ユーラシア大陸の太平洋側の防波堤のような位置関係にある我が国は、恩恵よりも、むしろ厳しい仕打ちを自然から受ける機会の方が多いような気もします。

 西日本を襲った今次の豪雨災害もそうです。日本という国の美しい特色でもある、豊かに水溢るる風景に恩恵をもたらす雨も、度を越せば全てを破壊し、奪い尽くします。

 日本人は、太古の昔から、自然の恩恵に付随するこうしたリスクを「荒ぶる神」として畏れ、祀り、鎮まることを願いながら共存する道を歩んできました。そこにあるのは、人知を超えた存在への畏れ、敬いであり、諦めではなかったかと思います。

 同時に、「おかげ様」「お互い様」というように、「悲しいのは自分だけではない」「苦しいのはみんな一緒だ」という自分の気持ちとの折り合いの付け方や、苦しい時こそ発揮される他者への細やかな配慮が、私たち日本人の平均的な特性となって育まれてきたように思えます。

 そんな日本人の特性が、目に見える形で世界に驚きを与えたのが、東日本大震災後の被災者の振る舞いでした。様々語られる驚嘆の言葉を目にして、日本人として悪い気はしませんが、「少し大げさかな」「そんなことはないだろう」と思えることも多々ありました。

 でも、一つ強く印象に残り、心に響いたことがあります。

 「自らの身を打ち、泣き喚く姿は見られず、悲しみそのものが気高い」

 中国や朝鮮半島では、とにかく大声で泣きわめき、身を掻きむしって床を叩き続けるような激しい表現でなければ、悲しんでいるとは認められないそうです。ですから、葬儀を”盛り上げる”「泣き女」というプロが呼ばれるのだと聞いたことがあります。

 そんな彼らから見ると、我が国のしめやかな葬儀の風景は、とても「冷淡」に思えるのかも知れませんが、世界の多くの人々の目には「悲しみそのものが気高い」と映るのでしょう。

 決して悲しみが小さいわけではない、心が張り裂けそうな思いは、その人の佇まいに滲む無言のメッセージとなって見る者の心を打ちます。

 しかも、ただ悲しんでいるのではありません。多くの場合、自分を責め苛んでいるのです。「なぜ、助けてあげられなかったのか」「あの時、自分がああしていれば」「こんなことなら、好きなことをさせてあげればよかった」…そうした自分を責める思いは尽きることがありません。

 東日本大震災の被災者の心を慰め、応援する目的でつくられた「花は咲く」という歌は、震災で大切な人を失った被災者のそんな悔恨と慚愧の念を、静かに昇華させてくれる優れた楽曲だと私は思います。

 歌詞を辿ると、被災者が負担に感じることのない形で、その心を優しく解きほぐすための、信じられないような細やかな配慮が巡らされているのが良くわかります。

 多くの歌い手により歌われているこの曲ですが、私は、三宅由佳莉さんによる歌唱が一番好きです。もちろん、ファンだから当然ということもありますが、この曲の歌詞に込められた思いへの深い理解と、聴く者の心の襞を寸分なく丁寧に埋めて行くような歌声が相まって、この曲をさらなる高みへと導いているように思えるからです。 

www.nicovideo.jp

 「祈り〜a prayer」と並ぶ、三宅由佳莉さんの代表曲だと私は思います。

 

*記事を書くにあたり、「花は咲く」のオリジナル動画(仕立て)を編集し、YouTubeにアップしたのですが、「すべての国でブロック」されてしまいました。というわけで埋め込み画像が得られず、niconico動画へのリンクを貼りました。niconicoの動画はブロックされてないのにね、どういう仕分けなのか、謎です。

自衛隊と国民の絆

 この記事は、昨夜、kaiten91さんから頂いたコメントに触発されて、「是非書きたい」と思ったものです。kaiten91さん、良い刺激をありがとうございました。

 私が学んだ防衛大学校では、毎年3月に挙行される卒業式に、自衛隊の最高指揮官である内閣総理大臣の臨席を得、卒業生はその訓示を賜る栄誉に浴します。

 自衛隊の草創期に挙行された第1期生の卒業式で訓示されたのは、当時の宰相、吉田茂氏でした。

 このブログを始めて間もない頃に書いた記事でも取り上げましたので、読んでいただけると幸いです。

retcapt1501.hatenablog.com

 吉田茂首相は、訓示の中で次のように述べられました。

「 君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。 きっと非難とか誹謗ばかりの一生かもしれない、御苦労だと思う。しかし、自衛隊が国民から歓迎され、ちやほやされる事態とは、外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ。 どうか、耐えてもらいたい。

 この訓示に対しては、賛否様々なご意見がありますが、私の考えでは、額面どおりの意味の他に、どんな逆境下にあっても、自衛官が自らの存在を誇りに思える仕掛けを作ってくれた、愛情溢れる訓示だと思います。

 それはさておき、自衛隊の置かれた立場は、まさにこの訓示の通りでありましたし、あり続けました。

 特に、国民世論を形成する力を持ったマスコミの報道が、自衛隊と国民の間に大きな楔を打ち込み続けた影響は計り知れません。私はマスコミ界に身を置いたことがありませんので、実態はわかりませんが、長年見てきた報道ぶりから推察するに、おそらく彼らは、正しいことをしているとの自負心を持っていたのだと思います。つまり、そもそもこの世に存在すべきでない「悪の根源」である自衛隊を叩けるだけ叩き、この日本から「駆除」するのは「正義」だとの信念に基づく報道だったのでしょう。ゴキブリ並の扱いです。

 そんな潮目に明らかな変化が現れたのが、先の東日本大震災だと、多くの方がl指摘されています。当初は自衛隊の活動にも冷ややかな報道だったものが、次第に変化していったというのです。

 確かに、当時私も大きな「違和感」を感じました。自衛隊は、東日本大震災で特別なことをした訳ではありません、「それまでと同じように」真摯に現実に向き合い、被災者に接しただけなのです。それなのに、「なぜ、今回だけ、いつもの批判報道ではなく、このように評価されるのか」に違和感を感じたのです。

 この疑問に対し、ある先輩が、「今回は、規模が大きくて国家の屋台骨を揺るがすような事態だったから、マスコミ各社も、いつもの社会部じゃなくて政治部を投入したらしいよ。だからバイアスがかからない報道になったんじゃないかな」と教ええてくれました。同じものを見ても、送り手が変わると180度違うものになるということがよくわかりました。

 でも、最近、そのほかにも原因があったのではないかと思い始めています。このブログを書くためにネット上を彷徨っていると気づくのは、夥しい数のSNSの記事です。調べてみると、TwitterFacebookが我が国で本格的に普及し始めたのは、東日本大震災の前年、2010年なのです。

 つまり、マスコミがいくらバイアスのかかった報道をしても、現地で自分が体験したことをつぶやく無数の「真実の声」の前には無力であることが明らかになったのが、東日本大震災なのではないかと思うのです。

 そして、日陰者であることに「誇り」を見出すことに慣れっこになっていた自衛官と、真実を共有した国民の間に、自発的な絆が生まれたのではないでしょうか。

f:id:RetCapt1501:20180713060601j:plain

 マスコミが、そのような絆の形成を阻もうとしてきたおかげで、彼らが介在しない純粋で草の根的な強い紐帯が、今大きく育っているのを感じるのです。

 冒頭で紹介したkaiten91さんのコメントは、今次の豪雨災害に際し災害派遣が行われている現場で、海上自衛隊の音楽隊が奏でる「涙そうそう」の演奏を伝える動画を紹介してくださったものです。たった二人のアンサンブルですが、心に沁みる演奏です。

 でも、私がより感動したのは、この動画に寄せられた多くのコメントです。

 間違いなく、自衛隊と国民の間に健全な絆が生まれ、育っているのを感じるからです。海上自衛隊のOBとして、これほど嬉しいことはありません。そして、その絆づくりに大きく貢献しているのが音楽隊なのだと思います。

 東日本大震災の被災者を慰め、勇気づけるために書かれた「祈り」、そしてそれをドラマチックに歌い上げた三宅由佳莉さん。そのどちらもが、国民の広い支持を得たのは、そのような健全な絆が萌していたからでしょうし、音楽隊の演奏によって、その絆が日々、より強化されているのを感じます。

 何もわからず、「音楽隊など税金の無駄遣い」などと仰る方がおられますが、「自衛隊と国民の絆」という、目に見えない我が国の防衛基盤の根幹を支えているのが彼らです。

 どんな高価な兵器にも負けない、自衛隊の、いや我が国の「戦力」なのです。

東京音楽隊のキャラクター

 皆さんはご存知だったでしょうか。

 いつの間にか、海上自衛隊東京音楽隊のイメージキャラクターが誕生していたのです。昨夜、書きかけの別記事に必要な「取材」のため、東京音楽隊のホームページを閲覧していて発見したのですが、これ、いつ掲載されたんだろう。

 東京音楽隊のファンです、と公言しているくせに、ちっとも気づきませんでした。

 「トオン」ちゃんと「カイ」くんだそうです。

 「トオン」ちゃんはト音記号と東音をかけたのでしょうか。「カイ」くんはそのまま「海」ですよね、多分(╹◡╹)

 樋口隊長、妙に似合ってます。こういうの嫌いじゃなさそうですもんね。

f:id:RetCapt1501:20180712040408j:plain

 陸自や空自が装備するタンデムローターの大型ヘリCH-47「チヌーク」のキャラクター「チヌたん」の作者である、イラストレーター・今井ミリさんの作品です。

 今井さんは、この他にも、主に自衛隊関係のイラストやグッズデザインを手がけられています。

f:id:RetCapt1501:20180712041535j:plain

 さて、「トオン」ちゃんと「カイ」くん。

 何となく誕生したわけではないでしょう。当然、海幕の広報戦略の一環として制作されたのでしょうから、今後、東京音楽隊の演奏会にいろいろな形で登場することになると思います。

 それにしても、独自のイメージキャラクターを持っている部隊って他にあったかな、たぶんないと思います。さすがは東京音楽隊

 作者である今井ミリさんのTwitterでは4月20日にお披露目されていますので、現在、演奏会でのデビューの準備が進められているのではないでしょうか。

 ひょっとしたら、着ぐるみまで用意されていて、演奏会で三宅由佳莉さんとの共演などがあるかも知れませんね…さすがにそれはないか(^ ^)

 今月23日に東京音楽隊の演奏会が予定されている、昭和女子大での「せたがやインクルージョンフェスティバル2018」は、子供が主役のイベントです。

 新キャラのデビューにはもってこいのイベントではないでしょうか。

 何だか、そんな瞬間に立ち会ってみたい気がしてきました。当日、ちょっと足を運んでみようかと思います。そんな瞬間になるという保証はありませんが(╹◡╹)

 

 

悲しいできごと

f:id:RetCapt1501:20180711051715j:plain

 私は、「1501RetCapt」という名で、YouTubeのチャンネルも運営しています。そうですね、このブログのID「RetCapt1501」のもじりです。このブログに埋め込み動画を供給する目的で運営しているということは、これまでも何度か書いてきましたので、ご存知の方もおられると思います。

 そのチャンネルへの2本目の動画として、昨年11月12日に投稿したのが、2016年1月1日(金)18時〜21時にフジテレビで放映された「超豪華!歌うま正月スペシャル 十八番で勝負!!新春!オールスター対抗歌合戦」に出演した東京音楽隊の「アナ雪」です。ちなみに下の画像はただの写真ですので、クリックしても何も起きません、念のため(≧∀≦)

f:id:RetCapt1501:20180711034514j:plain

 三宅由佳莉さんが歌うこの曲の頂点ともいうべき素晴らしい演奏と歌唱で、何もかもが「出来過ぎ」と思えるような珠玉の一本だと思います。

 この番組が放映されたのは、私が三宅由佳莉さんと「出遭う」1年半も前のことですから、当然、オリジナル動画は私が録画したものではありません。

 dailymotionという動画投稿サイトで見つけ、あまりの素晴らしさに感動して、自分用にダウンロードしたものなのです。私のように、三宅由佳莉さんのメディア露出のピークが過ぎてから参戦した者にとって、このような過去の動画の価値は計り知れないものがあります。

 ところが、程なくその動画はdailymotionから消えてなくなってしまいました。

 理由は不明ですが、おそらく著作権クレームにより削除されたのだろうなとは思いました。自分用の動画は確保してあったものの、何となく悲しくなりました。

 今後、新たに三宅由佳莉さんのファンになる方が大勢いらっしゃるでしょうに、この動画を観ることができないなんて、あんまりだと思ったのです。

 そこで、自分用にダウンロードしてあった動画を、ダメ元で投稿してみることにしました。

 YouTubeにアップロードした動画は、まず「非公開」のステータスで自分のチャンネルに登録されます。その段階で、説明文を書いたり、その他の設定を整えた上で「公開」するのですが、ブロックされるようなコンテンツは大抵、この時点で「全ての国でブロックされました」という警告文が表示され、「公開」できないのです。

 ところが、予想に反して何の抵抗もなくすんなり「公開」できたので拍子抜けしたのを覚えています。

 爾来、約8か月。この動画は大変多くの三宅由佳莉ファンの皆様に愛され、コメントもたくさん頂きました。また、たまたまこの動画を目にして、新たに三宅由佳莉さんのファンになられた方も少なくないと思います。

 昨夜、投稿済み動画の定期チェックを行った際、違和感を感じました。

 「なんか足りない」

 そうなんです、ライブラリの中にないんです「アナ雪」が!

 嫌な予感がして、「クリエイターツール」を開いてみると、「動画はブロックされています」となっていました。ついに来たか!

f:id:RetCapt1501:20180711044635j:plain

 それにしても…

 著作権法により権利を保護するという趣旨はよく解ります。この曲自体の著作権者も、この動画に対し著作権を主張し、動画からの広告収益を得ることで、私に動画の「公開」を許してくれていました。win-winです。

 でも、いつだったかは「24時間テレビ」での「見上げてごらん夜の星を」の動画を日テレに完全ブロックされ、今回は8か月も経ってからフジテレビにブロックされてみると、何とも理不尽な気がしないでもないのです。

 東京音楽隊三宅由佳莉さんも、芸能活動をしているわけではありません。海上自衛隊の広報活動のためにテレビ出演している国民の公共財です。その公共財によって番組を作り、自らは収益をあげておきながら、海上自衛隊のPRに資するであろう動画の公開を阻み、公共財の所有者である国民に対して、これを楽しむことを許さない、「そいつは筋が通らねーな」と、私の中の寅さんが言うのです。

 何とも釈然としませんが、悲劇はすでに起きてしまいました。

 この動画を公開していた8か月の間、約26万回のアクセスを頂きました。その中には私と同じように「自分用に」ダウンロードされた方も大勢いらっしゃるでしょうし、後に続く三宅由佳莉さんの新たなファンのために、自らアップロードしてみようとされる方もいらっしゃるかもしれませんね。

なんでもないこと

f:id:RetCapt1501:20180710055026j:plain

 先日の、陸海空合同コンサートでは、各自衛隊を代表するセントラルバンドの素晴らしい演奏や、3人の歌姫のそれぞれ個性が光る歌唱とパフォーマンス、そして、太田沙和子さんの驚愕のピアノ独奏を心ゆくまで味わうことができました。

 合同コンサートではありますが、やはり、ファンとして、時を経るに従い一人一人の顔と個性が見え始めている海上自衛隊東京音楽隊への親和度が、当然ながら私には圧倒的です。

 本公演前にロビーを歩いてみても、あれだけたくさんの人がいるのに、荒木美佳さんの姿だけが、まるで周囲から浮き出るように目に飛び込んできます。

 荒木さんの立ち居振る舞いを拝見していると、一つ一つの身のこなしが優雅ですし、話しかけてくるファンの方々への応対も、とても丁寧で、いつも笑顔を絶やしません。

 なんか、凄いなと思うのですが、一体何が凄いんだろうと考えてみました。

 背筋をピンと伸ばした美しい立ち姿、明るい笑顔、丁寧な応対・・・さて・・・素晴らしいことではありますが、荒木さんでなければできないような、特別なことは何もないようです。やろうと思えば、誰にでもできる「なんでもないこと」ばかりではないでしょうか。

 でも、一つ一つのことを「きちんとやる」、「全部やる」、「いつもやる」、「やり続ける」となるとどうでしょう。「なんでもないこと」が「とんでもないこと」になりませんか?

 そして、その「とんでもないこと」が「なんでもないこと」のように自然にできているからこそ、「なんか、凄いな」と感じさせるのだと思います。

 これは、ひとり荒木美佳さんだけではなく、男女を問わず、東京音楽隊の隊員の皆さんに言えることだと、kaiten91さんは常々仰っていますが、今回、はじめて間近に荒木さんのお姿を拝見して、きっとそうに違いないと確信しました。

 もちろん、入隊時からそんな振る舞いができたはずはありません。でも、東京音楽隊に配属され、その隊風に感化されて、みんな成長するんだと思います。

 そして、自分たちに求められているものが何であるかという認識を共有し、それを実現するための弛まぬ努力を続けているのだと思います。そうでなければ、あれほど粒ぞろいの部隊が作れるはずがないからです。

 大袈裟なこと、派手なことをパフォーマンスとしてひけらかすのではなく、「なんでもないこと」を、「きちんと」やり続ける。

 海上自衛隊東京音楽隊の「凄み」は、隊員一人一人の、そういった「なんでもないこと」の積み重ねの上に成り立っているのではないでしょうか。